研究の概要

高血圧セルフケアサポートアプリ『すこやかダルマ』は、お手持ちのスマートフォンにダウンロードできるアプリで、紙媒体の血圧手帳に代わって、スマートフォンの画面上で、家庭で測定した血圧のグラフを閲覧することができ、リスクに合わせた血圧目標値の自動設定、生活習慣改善のための自動アドバイス機能、電子版学習教材などが搭載されております。また、血圧測定を含む適切なセルフケアを実践した場合は、画面上でメダルが授与されるようになっており (但し、金品などの特典の付与はありません)、楽しみながらセルフケアを強化・継続できるように工夫されております。

2018年度より、北海道大学病院が研究代表機関となり、北海道 (札幌市・岩見沢市など) ならびに九州の医療機関を中心に、多施設で前向き臨床試験『スマートフォンアプリを活用した統合型高血圧セルフケアサポートシステムの有効性の検証 (AppCare-HT Study)』を開始しております。

本研究では、降圧薬を飲んでいる・飲んでいないに関わらず、健診会場や診察室で血圧高値 (収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上) の高血圧患者さんを対象に、お手持ちのスマートフォンに『すこやかダルマ』をダウンロードし、専用の自動血圧計 (bluetooth機能付き) などを配布した上で、12か月間『すこやかダルマ』を活用いただき、おもに血圧改善効果があるかを検証いたします。

すこやかダルマ 画面イメージ

なお、本研究は無作為化比較試験で、研究参加に同意していただいた後、無作為にアプリ利用群またはアプリ非利用群に1:1で割り付けられ、アプリ非利用群に割り付けられた方は『すこやかダルマ』をダウンロードせずに血圧手帳を用いた通常通りのケアを受けていただきます (その場合もご要望があれば、研究終了後にアプリをダウンロードいただけます)。

研究参加に際して謝礼はございませんが、アプリや自動血圧計などの測定機器を無料でご利用いただけます。

まだ未治療の方、すでに他の医療機関へ通院中の方も含めて、血圧が高めで本研究への参加に興味のある方はぜひ研究事務局 (北海道大学病院臨床研究開発センター 横田 卓) へご連絡頂ければ幸いに存じます。

ICT・IoTセルフケアアプリを活用した高血圧性疾患の重症化予防を目指した研究